【原発問題】 東京電力福島第1原発、汚染水の除去急ぐ 1号機でポンプ1台から3台に増設 [3/28 10:10]

1:うしうしタイフーンφ ★:2011/03/28(月) 10:42:03.87 ID:???0

★福島原発、汚染水の除去急ぐ 1号機でポンプ増設 2011/3/28 10:10

 東京電力福島第1原子力発電所のタービン建屋地下のたまり水から高濃度の放射性物質が検出された問題で、
同社は排水作業を急ぐ。1号機はポンプを使って復水器に送っているが、ポンプを増設した。
2、3号機は復水器が満水のため、別の方策を検討する。
一刻も早くたまり水を除去して原発が備えている本来の冷却機能の回復を目指す。

 福島第1原発では1~4号機ともタービン建屋地下に水がたまって復旧作業を妨げている。
1号機ではたまり水をポンプで復水器に戻す作業を増強。27日午後にポンプを1台から3台に増やした。

 一方、2、3号機は復水器が満水になっているため、復水器の水をいったん別のタンクなどに移す。
その後、ポンプでたまり水を復水器に入れる考えだ。

 たまり水の放射性物質濃度に関しては、東電が2号機の測定結果を修正した。
原子炉内の水と比較し、当初は通常運転時の1千万倍と発表したが、国の原子力安全委員会が疑問を示し、
再評価を求めた。東電は再検討した結果、放射性物質の種類を誤って測定していたことがわかり、
10万倍に訂正した。濃度は1立方センチメートル当たり1900万ベクレル。

 1号機と3号機のたまり水の放射性物質の濃度は、それぞれ1立方センチメートル当たり380万ベクレル、
同390万ベクレルとしてきたが、2号機で測定の誤りが見つかり、測定を再度実施することにした。

 原子炉への真水の注水作業は28日に1、3号機で消防ポンプから仮設ポンプへの切り替えを進める。
2号機はすでに切り替え済み。また、1、2号機ではディーゼル電源から外部電源に切り替る。

 使用済み核燃料プールへの注水では、2号機で「燃料プール冷却浄化系」のラインを使って
真水を供給できる体制を整える。3、4号機は引き続き放水を検討している。

日経新聞 http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819595E0EAE2E2E48DE0EAE2E1E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2


2名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 10:43:37.96 ID:1z3FmGii0

除去って
海に垂れ流すのか?





66:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:07:43.88 ID:U8UrZu6E0

>>2
が、国家機密にかかわる情報を質問してしまった。((´д`))


125名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:30:47.20 ID:SPPRwhbUO

>>2
海の生き物はすぐ適応するから大丈夫


342:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 22:54:07.89 ID:ZhwxaPpS0

>>125
んなアホな!


379名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:14:23.83 ID:jmII03TM0

>>2 最終的に原発敷地内のサージタンクへ。

溜まり水→復水器→復水タンク→サージタンク

玉突き式になるんだってよ。
で足りなくなるかもで追加タンク調達を東電で検討と。


423:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:43:01.61 ID:b0IRH8kg0

>>379
検討してる暇ねえだろが、さっさとやれ。
作業員は刑務所にいる10年以上の服役くらってる犯罪者共。
人権云々いうやついたらぶっ殺せ。

それくらいしないとだめだ。

すべての権限は政府から実行に移す人たちにゆだねる。

素早い対応が必要なのだ!


4名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 10:44:09.89 ID:rX7v+0wj0

こんな状況が10年以上続くのかな..


18名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 10:52:09.82 ID:Or1PvdPJ0

>>4
半年続くね
20キロ圏内の人は退去したまま

そして処理原子炉解体に10年以上かかる
その間20キロ圏内の人は戻れてもまともに経済活動(特に農業水産業)するのは困難だろう


28:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 10:55:48.42 ID:rX7v+0wj0

>>18
が~~ん!


53:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:02:55.70 ID:T6kz/yzN0

>>18

まぁ、楽観的に見てそんなところかな。
このまま事態が悪化しなければ・・・ね。

あ゛~、故郷に帰れるのはいつになるのかなぁ(´・ω・`)


58:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:05:21.96 ID:QqpKwp2H0

>>18
こういう期間の見込みって報道されてないような気がする。
避難してる人の中には「そのうち帰れるんでしょ?」みたいな期待を抱いてる人も居るだろうし、
下手に後になってから落ち込ませるより、今のうちに冷静に事実評価を伝えた方が良いと
思うんだがなぁ。


145:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:43:06.86 ID:knJ/RhCs0

>>18
上手くいって、そのレベルなんよな


6名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 10:46:42.88 ID:sMurw0fo0

ニワカでスマンが
今現場で作業員がやってる作業内容って
本当は全て機械がやる物が殆どだけど
その肝心の機械が動かないから
代わりに人力でやってるって認識でOK?


10:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 10:49:23.31 ID:gkTfRpa10

>>6
いやいや、壊れた中央制御室の修理や冷却機能の回復が目的だから
そもそも機械ではできないし、人力でもそれなりの知識や能力が必要。


23:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 10:53:42.28 ID:IzTPd27O0

>>6
作業員はあくまで復旧させる人。機械(ポンプ)の代わりは機械(消防ポンプ)
がやってる。


63:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:07:04.02 ID:kREhbusb0

>>6
全然違ってて依然すごい危機的状況だけど、ハイパーレスキューがカッコ良くて感動したので、何となく峠は越した様な雰囲気になってるトコ。


181:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 12:06:03.84 ID:yf2eWvjX0

>>6
原発なんか大半は人間の手でやるんだよ


25名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 10:53:54.06 ID:gmMQ3tvW0

誰も言わないけど

台風着たらどうするの

日本中に拡散されるだろ

なぜ誰も気づかない


29名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 10:56:15.80 ID:cXZ0h8nQ0

>>25
散々話題になってる梅雨も大問題だけど
台風は北上するので福島から北はどうなるか


37名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 10:59:24.63 ID:Lc+zfnOD0

>>29
福島の位置なら台風は、東に抜けると思う。
それに、福島第二、女川原発のモニタリングで
一時期から放射線量は大きく下がっているから、
飛散の方はとりあえず終了している。次にまた
爆発がなければ、問題にはならないだろう。
・・・なければね。


49:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:02:10.57 ID:aF5jYz2/0

>>37
放水しているので、水に流されて海に出てるみたい・・・。
漏れてる量的には増えてるんじゃないのかな?

海に出て行ったのはお魚さんに吸収されて凝縮して
後々戻ってくるから、直ちに危険ではないけどね/


161:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:48:40.24 ID:1bqJa/870

>>29
台風は渦巻いてるからぐるっと廻って関東に来ると思う


33名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 10:57:36.93 ID:1GO7ir380

     修理は無理だと思う...。

        原子炉は徐々に自壊しているのに修理の速度がそれより遅い。

           東電のギブアップ宣言がいつになるのか、もうメルトダウンに等しい。


142名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:41:27.88 ID:VQcZZZ/I0

>>33
修理は無理というより『修理は必要ない』が正しい見解。テレビでも言ってる。
修理するほどの損傷は原子炉には一切ないとテレビ。なので俺も絶対大丈夫だと断言出来る。
建家は修理しなくてはならないがな。

原子炉無傷なのだから、排水完了する今日の午後には全てが安全に解決しそうだとよ。

危険厨涙目www


143:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:42:14.42 ID:rX7v+0wj0

>>142
知障乙


155名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:46:24.14 ID:q+AtbGdS0

>>142
排水今日中に終わるなんてニュースあったか?


164:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:49:57.95 ID:0B1XKlq3P

>>155
それどころかさっき会見で排水を溜めるためのタンクを探してる
まだ見つかってない
とか言ってたw


180名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 12:05:12.67 ID:VQcZZZ/I0

>>155
タンク見つかれば排水自体は10分かそこらで終わり。で、速やかに冷却。
タンク見つからなければ海へ排水。環境には全く心配ない。で、速やかに冷却。

どちらにせよ安全。

危険厨終了w


183:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 12:11:49.83 ID:fRB/ilR3O

>>180
タンクってすぐに見つかるの?
放射線量が高い水なのにそんなに簡単に排水できるものなの?


35名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 10:58:16.73 ID:FHvpS7Tt0

大量に汚染された水を最終的にどうやって処理するつもりなのかサッパリ分からん。
もんじゅもあるし、もう日本では原子力は終わりだな。


42:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:00:05.56 ID:MZZ997kY0

>>35
煮詰めてジャムにするんだよ


410:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:34:11.88 ID:uqLmT41z0

>>35
いちど放射能で汚してしまった国土
開き直って、原子力発電の電力輸出で国再興という手段もある


47名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:00:53.66 ID:glcGR9qk0

東京都(新宿区)や埼玉県(さいたま市)の水道水放射能濃度が
地味に上がり続けているんだが・・
もう報道しないのか!

http://atmc.jp/water/


56:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:04:30.78 ID:NJt3DytD0

>>47
いいんじゃね。そのうち なんとかなるっしょ。しかたないっしょ。やなら ひっこせば??


64:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:07:14.12 ID:KYn6HzlY0

>>47
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/emergency/monitoring.tokyo-eiken.go.jp/monitoring/w-past_data.html
東京は昨日は下がってるよ。

水道にしろ大気中の放射線量にしろやや高目の数値で安定して微減中。


72:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:09:57.71 ID:aO8rXdDM0

>>47
2.3日前の栃木の水が入ってきたのかも


50名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:02:20.43 ID:aeO80Fk1O

汚染区域の魚が汚染されて青森辺りで他の魚に食われて、食った魚は
北海道辺りで食われて…が永遠に続いたらヤバくね?なんか太平洋で捕れる魚は汚染魚ばかりになる予感がする。


55:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:03:39.82 ID:kvPZopVa0

>>50
向こう5年は、でかい魚は食えなくなるな


371名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:10:49.89 ID:e85aiDUAO

>>50
大間マグロ巨大化か


380:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:15:17.42 ID:5HhVV0P+0

>>371
500kg級より大きいマグロは危険だな。プルトニウムマグロか?


59名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:05:40.43 ID:sMurw0fo0

初動の対応がもう少しよければ・・・・なるカキコを見るけど
初動でのドコの部分でどの様にしなければならなかったとか
具体的な行動について何か知ってる人居る?


78名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:11:28.15 ID:kvPZopVa0

>>59
ECCSが使えなかった時点でほぼ終わりじゃね?
使えなかった場合のマニュアルなんてたぶん無いでしょ?
そこから、手探りの行き当たりバッタリ作戦が続いてる
せめて言うなら圧力開放→すぐ水循環して水素爆発は避けたかった


425:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:43:55.19 ID:JQg3QLXw0

>>78
マニュアル厨乙
対応できるマニュアルがないのが大災害の常
そういう場合は現場のプロを即座にかき集めて考えられる問題点と
それに対処するために必要な手段・道具を思いつく限り列挙して全部取り寄せる
今回なら非常用電源を取り寄せ(民間のを取り上げるw)、冷却装置も取り寄せることになる

考えつく限りの必要なモノ・人を持ってる各国各所に頼む総力戦だから
本来は政府の権限が一番実力を一番発揮する場面なんだが
無能民主は全く何も出来なかった


86:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:13:33.28 ID:5qwLmiIZ0

>>59
初動で津波を防げていれば……


148名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:45:20.46 ID:VQcZZZ/I0

>>59
はあ?w
あれ以上の初動が誰に出来たんだ。テレビも、政府東電をかなり
評価してるし、国民のほば全員が同じように評価してるとテレビでいってるぞ。

政府東電叩いてるのは2ちゃんの危険厨だけだからなw
それも今日で終わり。何たって午後にも全てが冷温停止するはずだからな。


436:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:50:19.91 ID:JQg3QLXw0

>>148
民主工作員乙
仙石さんはお元気ですか?

テレビが政府や東電を評価するのは当然だろ
元々テレビが一体となって民主政権を作った戦犯じゃんw

>国民のほぼ全員が同じように評価してる

どうやってほぼ全員の評価を調査したわけ?
自分の知人全員、政府の対応も東電の対応も評価してないけど?


290名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 16:00:33.23 ID:fMviJYH70

>>59
水素爆発は燃料棒の露出が原因。
最短時間で廃炉覚悟の損切り注水しておけば今の事態は防げた。
爆発さえなければ冷却機能の復旧もずいぶんと楽だったろうに。

特に3号機と2号機の顛末はひどいぞ。


298:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 22:02:30.66 ID:S8GRu/rj0

>>290
>水素爆発は燃料棒の露出が原因。 
>最短時間で廃炉覚悟の損切り注水しておけば今の事態は防げた。 

燃料棒露出の時点で廃炉しかなかったから、覚悟はあったろ

ベントしないと注水もできなかったわけだけど、何で遅れたかねー、政府の許可がいる
んだったっけか


74名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:10:44.75 ID:pBk8Ng3yO

原子力安全・保安院の記者会見。メガネの9イチ分けのジジイ、なんであんなに余裕なん。


81名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:12:11.89 ID:AHr4S0I20

>>74
あれ素敵なお帽子だからなあ
鉛でも入ってて放射線防護完璧なんだろ。


87:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:14:05.34 ID:PEbTy+AO0

>>81
放射線を完全に遮る防護服は

今のとこ存在しない。

宇宙服ですら、中性子は防げない。


150:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:45:26.48 ID:pBk8Ng3yO

>>81
あのカツラにそんなヒミツが…
納得。きょうはぐっすり眠れそうだ。


88:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:14:08.83 ID:kvPZopVa0

>>74
責任問われない、50キロ離れてる
万が一の場合は、最初に逃亡できる
退職しても次のポストが決まっている・・・など


84名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:13:11.50 ID:9u/94OkG0

とりあえず排水して漏れ止めないとまた同じことの繰り返しなんだろ
本来の冷却機能の回復なんて一体いつのことになるやら・・・
っていうか実現可能なのか・・・


122名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:30:25.81 ID:kVnv8ghX0

>>84
冷却系を新規に作るって話もあるらしいよw
修理じゃなくて、完全に新造。
しかしそのためには現在ある壊れた冷却系を取り除かないといけないし、
そもそも核燃料が入ってない平時の建設でも数ヶ月から1年(半年以上)かかる
最大限甘く見積もって、1基3年でできたらいいな~4基だと端数切って10年くらい?
みたいな感じ


388:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:20:03.25 ID:e85aiDUAO

>>122
そこでもシングルタスクなのか


392:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:21:21.21 ID:vxoRjY980

>>122
4,5,6号機の冷却機構をそのまま流用できんの

パイプ伸ばすか ばらして運ぶか
ちょうど3基分あるし


158:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:48:10.53 ID:VQcZZZ/I0

>>84
排水(午後にも完了とテレビ)→冷却(28日中にも完了予定)

つまり、原発問題は事実上、安全に解決した。
テレビで確認しろよ。


92名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:15:38.78 ID:LCog7bUI0

圧力は安定してるって…
そりゃあボロボロスカスカの容器内の圧力は高まりようが無いw


165名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:50:22.22 ID:VQcZZZ/I0

>>92
原子炉無傷なんですが何か?w

危険厨の反論待ってるぞ。まあ、早目の謝罪でも良いぞ。
お前らテレビも見れないから許してやっても良いww


168:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:51:53.20 ID:x+XFhtYA0

>>165
お前ワザとやってるだろ


173:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:57:15.95 ID:LvKh5yju0

>>165

文章の後ろにつける
ダブリューみたいなものは何かな?


95名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:16:12.06 ID:RgpiyOpF0

この漏れは、原子炉関係者では理解できないかもな。
給水ポンプのシール水系統圧力喪失でシール水の逆流ー給水ポンプ内の水が逆流、空っぽに。
これに給水系統の弁リークが重なり、給水系から逆流、給水ポンプー復水回収タンクー地下へ溢れたのではないか。
洩れは火力しか経験ないが、なんとなく思った。
東電は検討すべし。


106名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:20:32.67 ID:hCD5OLWE0

>>95

  で、技術者さん、高レベル放射線下で、同じ状況なら

  自分なら修理できると思う?


149:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:45:21.96 ID:RgpiyOpF0

>>106
朝日3.17朝刊の「緊急事態 知恵集める時」の記事を読むとよい。
「チェルノブイリ、、、決死的な作業がなければ、世界はもっと汚染されていた」

電気系、シール水系統の復旧を急ぐべし。


169:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:52:42.38 ID:VQcZZZ/I0

>>106
高レベルっていっても健康に影響はないレベルだとテレビで言ってるから大丈夫。
建家以外修理必要な場所は少ない。何しろ原子炉は完璧に健全だからな。


130:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:35:47.26 ID:hCD5OLWE0

>>95

     技術者さんの言う通りみたいだね。

        復水器には満水で、溜まり水を戻せないようだ。

     しかも、134-Iの存在を示した方が事実で、

        後のレポートが嘘のようだ。134-Iは連鎖反応が起こっていないと

        出ないとのこと。つまり、臨界事故。チャイナシンドロームだ。


96名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:16:42.90 ID:K6mC035r0

ホンダのアシモに修復頼めよ
ロボット先進国日本ってNHKでやったばかりなのに国産ロボットが全く出て来ないのは何故


101:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:18:45.90 ID:D+XL+h2EP

>>96
階段でころんだら誰かが起こしにいかなきゃならないから。


121:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:30:25.78 ID:4Q/3dWQP0

>>96
中には入っている子どもを被爆させられないからだろ


136名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:39:07.75 ID:0Oh3DV/i0

>>96 半導体は放射線に弱い


144名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:42:24.85 ID:K6mC035r0

>>136
え?まじで?


166:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:50:36.32 ID:0Oh3DV/i0

>>144 まじ ちょっと昔のICは書き込んだプログラムを消去するのにX線とか
使ってたし、冷戦時代、ソ連の戦闘機がレーダ装置に真空管を使ってたのも
核戦争を想定してたから


112名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:24:45.58 ID:HtWEGgHVO

実はみんなが騒いでるほどには深刻じゃないのでは

今でも放射性物質垂れ流しなのに、近隣の県で計測されるのは健康に影響がないレベルなんでしょ
なんだかんだで原発で作業もできてるし


120名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:30:15.55 ID:6F7CJI8c0

>>112
水道に関しては、福島県福島市より東京都新宿区のほうが汚染されているw


131:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:36:12.56 ID:HtWEGgHVO

>>120
でも健康被害はないレベルなんでしょ


172名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:54:50.26 ID:VQcZZZ/I0

>>112
その通り。

実際は『全く』深刻ではない。むしろ原発の安全性が再確認されることになるはず。テレビ見てれば明らか。

危険厨は煽って楽しんでるだけ。


174:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:57:48.57 ID:Z+RIyYFb0

>>172
安全厨:「チェルノブイリは実はたいしたことない」


死ねよw


418:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:38:44.29 ID:uqLmT41z0

>>112
被害は半年後からだよ


123名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:30:30.30 ID:VQcZZZ/I0

危険厨涙目www

原発はもう全く心配ないとテレビでいってるぞ。
高濃度の水も誤報。あの程度なら大人なら普通に飲めるレベルだと
テレビで言っていたので大丈夫だな。
飲めるレベルの水なのだから、排水しても環境にも問題にならんわ。

2,3号機は既に冷温停止してるだろうとテレビで言っていた。


危険厨、息してる?ww


135名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:39:03.87 ID:p9sTmYSnP

>>123
大人なら普通に飲めるって
言った奴に飲んでもらいたいわ


175名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:59:13.44 ID:VQcZZZ/I0

>>135
いや実際飲めるレベルだろ。その辺のペットボトルの水と大差なし。
というか、健康への有意差なし。


179:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 12:04:40.35 ID:Q8e0VOe80

>>175
どの水?
作業員が火傷したのより10倍濃い水のことじゃないよね?


124名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:30:31.72 ID:3plDf9v30

1896年 明治三陸沖地震 津波38.2m
1933年 昭和三陸沖地震 津波28.7m

三陸沖で地震があればこの程度の津波が来る。
上記の地震が3箇所同時くらいで発生したのは1000年に1度だろう。
でも単発で福島沖が震源になった場合にどの程度か想定できないって事はありえない。
それを原発に5m程度の想定だったってだけで100%人災レベル。
今の民主もあれだが原発建設時の自民政府と東電の責任は重い。

過去100年ちょいに2回も30m級の津波がきてるのに
人口の少ない沿岸の漁村に巨費を投じて
10m程度の防波堤を建設した建設族も大罪、いったいいくら使ったんだ?
国費の浪費と防波堤を信じて逃げなかった人に対して
防波堤を推進した人は今なにを思う。


126:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:33:29.56 ID:2lzDTqin0

>>124
同意


129名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:35:29.92 ID:mtL223Ec0

>>124
福島県第4区 渡部恒三  民主党 

当時の自民党の戦犯はこの人。
御存命ですよ。


137:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:39:07.65 ID:3plDf9v30

>>129

あの爺さんか、、、
被災した沿岸部の防波堤を建設した時の
推進した地元議員、費用、いつか誰かまとめてくれ、、、まじで罪深すぎ。


127名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:34:34.57 ID:VQcZZZ/I0

原子炉損傷?→健全でした
燃料棒損傷?→健全でした
放射能漏れ?→東海村臨界事故程度だった(レベル4程度とテレビ)
放射線レベル高濃度の水?→飲めるレベルでした(プールから漏れただけとテレビ)

ソースはテレビと、テレビから的確に導いた俺の考え。

結局危険厨の全面敗北だなこれww


154:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:46:11.24 ID:c1mbg5G50

>>127
いや、東海村程度って危険すぎるな。
東海村程度っていうのがヤバイ。
裸のミニ原子炉のようなものが臨界に達した超危険な
事故だったんだから。
それが本物の原子炉で起こっている?


176:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 12:01:55.62 ID:VQcZZZ/I0

>>127
違うよ。事故全体のレベルとして東海村並みのレベル4ということ。
テレビも以前言ってたと思う。


138名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:39:36.74 ID:oDNmFQ1c0

仮に臨界起こしてるとして
この程度で済むもんなのか?
核爆発だろ?


146名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:43:56.11 ID:O7vHElD00

>>138
臨界と核爆発は違うよ


153名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:45:46.71 ID:oDNmFQ1c0

>>146
核爆発は花火で
臨界はホッカイロ

見たいな認識でいいのかい?


170:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 11:52:44.71 ID:O7vHElD00

>>153
まあ、そんなもん。ついでに言うと
「ホッカイロが花火に変化することはない」ってこと


190名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 12:26:38.86 ID:Seu7NsET0

汚水は海に垂れ流ししかないだろうな
海だと循環するからすぐに薄まって無害になると言うし
しばらくの間漁業関係者に保障をして垂れ流すしかない


207名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 13:42:21.15 ID:8tNtLOIk0

>>190
放射性物質は拡散されるだけで以後物によっては何万年も放射し続ける訳だが?
ウニとかがそれを取り込むと・・・


208名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 13:53:38.67 ID:KSnx40lL0

>>207
巨大化して身の量が多くなり価値が薄れる

そう言う事だろう?

車えびも伊勢海老並みに巨大化して
えび好き歓喜みたいな

でっかいタラバガニとか更にでかくなって3mくらいになりそうだな
一人じゃ食べれないし、鍋も無いぜ


209:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 13:55:31.89 ID:2Z2L2aIr0

>>208
こういう感じ?








216:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 14:14:46.93 ID:9d/55406O

>>208
人類と生き残りかけて戦いそうだなw食べる前に食べられるんじゃないか?


231:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 17:40:49.48 ID:N2aAlopL0

>>208

昔みた巨大お寿司のコラがあったな


212:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 14:03:44.32 ID:lqaTovzU0

>>190
日本から海産物なくなるけどいーのかよw


201名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 13:17:46.23 ID:Jp0MHML00

原子力空母みたいな発電所にして

危なくなったら太平洋ど真ん中へ自動運転させて
沈めてしまう


202:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 13:21:09.62 ID:eY7JKFCX0

>>201
沈めなくたって巨大な船なら沖に出るだけで津波をやり過ごせるだろ。


204名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 13:25:26.15 ID:FP+j3BER0

>>201
> 原子力空母みたいな発電所にして

それを原子力空母と呼ぶんじゃないか?


206:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 13:29:48.71 ID:KSnx40lL0

>>204
原子力空母に原発を建てて
今回の事が起きたら太平洋のど真ん中へ行けばいいじゃないか

と言う事だと思う


210名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 14:01:34.07 ID:lqaTovzU0

西日本を50Hz化


217名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 16:00:27.43 ID:l8ejpGKe0

>>210
東日本を60Hzにすればいいよw 欲しんでしょ…電気


219:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 16:54:38.36 ID:KSnx40lL0

>>217
やらねーよ
頭狂は停電にもなって頭冷やせ


237名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 17:58:15.55 ID:sTZp2jaQO

林勉・元日立製作所原子力事業部長は
「原子炉建屋が損壊しているため、放水された水が下の階や建屋の外へ漏れ出す可能性は否定できない。水が建屋内の放射性物質を取り込み、土壌に染み込ませてしまう可能性も考えられる」と指摘する。
結局、自衛隊も警察も消防も土壌と海洋の汚染深刻化させただけじゃん。力ずくでなんとかしようなんて、バカなの?


240:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 18:41:49.52 ID:0B1XKlq3P

>>237
土壌汚染はわかってたけどわかってなかったフリしてるだけだよ
再臨界だけは避けないといけないし、他に方法が無かった


242:名無しさん@十一周年:2011/03/28(月) 19:15:26.88 ID:k+RwJ2FO0

>>237
やっぱメーカーの技術者は分かってるんだな。
一番詳しいのがこの人達?


244:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 00:39:51.23 ID:oi4DH7Cp0

>>237
冷やさずに燃料を爆散させるわけにはいかんよ。


255名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 11:41:41.85 ID:HHZJyMj00

結局のところ 燃料棒は温度は下がる方向に行ってんの?


259名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 11:48:37.90 ID:moMa4Qmg0

>>255
これまでのパターンから言うと、今は汚染水やってるから燃料棒は放置


265:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 11:58:25.97 ID:9cZtTiuQ0

>>259
「○号機より黒煙、作業中断」
の流れだな。最近読みが冴えいてきたぞ。


263名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 11:53:18.97 ID:K5iJeptD0

海に垂れ流して国際社会から日本に原発作らせるなって非難浴びたほうがいいよ。
いまだに地方知事は新規原発作る気マンマンなんだからよ。


270名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 12:11:24.92 ID:/SUdp3nuO

>>263
年老いてバリアフリーなしに生活できない両親に今のエスカレーター禁止はつらいよ。
一日中家に居て、生きる楽しみを奪われた感じ。単なる原子力アレルギーじゃ問題解決にはならん。
生活の我慢だけならともかく、これから製造業は今までにないハンデを負う。
日本が原子力諦めるなら、高負担低所得の未来が待つ。電気料上げれば済む話じゃない。


271:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 12:17:26.63 ID:yN8khHAxP

>>270
原子力に頼るほうがよっぽど金がかかるらしいけどね


272:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 12:18:30.25 ID:c3V2JBtv0

>>270
単なる盲目的原子力推進が問題がこの結果


273名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 12:23:46.40 ID:xoX3PIPc0

ったくシングルタスクしか機能しねー大バカ東電の無為無策無能ぶりもいい加減に汁!! ( 怒り )

放射能汚染水っつーたって線量を度外視すりゃ唯一危険なヨウ素にしろ半減期はたった8日だろ
沿岸に30万トン級のスーパータンカーを何隻も横づけし、そこに漏水をどんどん流しこみゃいーんだよ!!
で放射性線量が減ったら、漏水を古いコンビナートにでも移し替えろ

放射能汚染水の分解技術は確立されていて、東芝が特許をおさえてんだろ。
それで除染して海に流せ。

露死唖が廃棄する原子炉を日本海に捨てまくり大問題になり、
なぜか日本が金出して廃炉を解体してやったことがあったが ( 怒り ) 、
その際に大活躍したやつだ。

http://www.patentjp.com/12/U/U100001/DA10041.html

とにかく、1~3号機のコンビナ棟の漏水をタンカーに流し込み、
並行作業で一気に冷却系を復旧させ、
さらに並行して配管系の総点検汁や!!


277:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 12:40:12.91 ID:u5DLdHy80

>>273
>配管系の総点検

たしかにこれやらないと、電気系統だけ復活させても冷却には無意味。
(電気系統の復活さえなかなか難しいが)

しかし、爆発で吹っ飛んだ建屋の壊れ方を見たら、
配管が無事と考えることは難しい。
更に元々地震でダメージ受けている可能性もある。

その状態であの廃墟にさえ見える建物の中で、
高レベルの放射線を浴びつつ、照明も消えているらしい中で、
点検作業が出来るかというと、ほとんど無理。

更に電源系統の復旧も充分でない環境で、複雑な配管の修復作業なんて
はっきり言って不可能。

もうこの状況を明確にして、その上で今後どう対応するか検討するしかない。
勿論特効薬はないと思うが、取り組み方としてはもう日本だけでは手に余ると
いうことで、米国・米軍に全面的に入ってもらうしかないと思う。


279:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 12:46:28.06 ID:6lCL/8Vy0

民主党は、本気で何とかする気は無いだろうwww
やばくなったら、政府専用機で家族で祖国へ政治亡命。

まぁあれだけ海水ぶっこんでおいて、蒸発が少ないないなら
余ったのが溢れて来るのは同然だわな。
チェンバーも水圧が上がって壊れたんじゃねーの?

くらいは、物理化学が赤点のオラにもわかるだw

>>273
記憶力だけが良いやつは、覚えた公式以上のことは、できんてw
得意なことは試験に受かること、苦手なことは創造すること。
現場の常識やん。


305名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 22:15:22.61 ID:cKgx1OTR0

残念なお知らせがある。

気づいている人は多いと思うけどな。
直面している課題をあえて聞いて見るよ…。

ウランの核分裂でしか生成しない
半減期の短い放射性のヨウ素がいまだに検出(生成)し続けているのはなぜだと思う?

対数的に減少するはずのヨウ素の検出レベルが、減少するどころかこの時期により高いレベルのヨウ素廃液が見つかるのはなぜだと思う?

⑴燃料プールのお世話にかまけている間、全ての問題炉がメルトダウンし、燃料の溶融体が再臨界し始めている。
⑵格納容器は保持されているものの水中に落ち込んでいるので中性子線は検出されない。
⑶再臨界により生成したヨウ素が注入水中に溶け込み高レベルの廃液と化している。
⑷高レベルの廃液がタービン室地下と坑道で多量に漏出、凝縮してプールと化している。

少しでも、放射性物質の性質を知っている方や論理的に考えられる方はこの二週間の間に、何が起きていたか容易に想像できるはず。この事態は幸せな収束の知らせでないことは確かだ。

政府はバカだから。


308:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 22:21:58.62 ID:u5DLdHy80

>>305

再臨界してても、それで炉心や格納容器がメルトダウンして、
最終的に水と接触して水素爆発で吹っ飛んでも、
とにかく東京周辺に住んでたら、これだけの人口が
移住なんて出来ないのはわかる。

もう諦めてるから。
200キロも離れてれば、直ちに健康に影響のないのも確かだし。
これに対して言うことある?


313名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 22:30:40.39 ID:egiYV7vi0

>>305

仮に再臨界してても冷やし続ければ大丈夫


319名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 22:33:09.12 ID:cKgx1OTR0

>>313
冷やし続けることは汚水を抜くことができないことを意味する。溢れ出す前に、抜いてはたまり抜いては溜まり。これを繰り返す。そう燃料が尽きるまで…


325:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 22:36:04.89 ID:egiYV7vi0

>>319

燃料燃え尽きるまで冷やし続けるしかないよ。
汚水は除去不可能みたいだし。


384:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:18:19.84 ID:S8GRu/rj0

>>313
再臨界してたら、半減期の短い、つまり発熱の多い、核種がどんどん供給されるから、い
つまで経っても冷えないぞ


307名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 22:21:58.51 ID:6EagvyE00

イオン交換樹脂とかに吸着させて回収できないんでしょうかねえ。
あるいはサイクロデキストリンで重イオントラップとか。
ひらたくいうと消臭剤なんだがw

海水だとあっというまに樹脂が劣化しちゃうかな?


317名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 22:32:11.98 ID:0p/aTWI90

>>307
とりあえず量が問題


326名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 22:36:08.91 ID:6EagvyE00

>>317

放射性同位元素自体の濃度は希薄だろ。
カウントが高いだけで。


328名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 22:41:20.05 ID:0p/aTWI90

>>326
濃度は希薄でも処理する量が膨大
数台のポンプで全力で注ぎ込んでるんだから
あれだけの水量を処理する施設を用意できるとは思えん

あと危険な放射性物質≒半減期短いだから
溜め込んでおけば危険が少なくなる


331名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 22:42:20.17 ID:egiYV7vi0

>>328
プルトニウムちゃんとコバルトちゃんは半減期長いよ。


338:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 22:48:46.81 ID:0p/aTWI90

>>331
プルトニウムは半減期長いから別に危険じゃない
一ヶ所に固めておけば危険だが、環境にばらまけばたいした負化ではない

コバルトは結構短くなかった?
放射性のコバルトが危険視されるのは核分裂からしか生まれない
進行形で核分裂が行われている証拠
つまり半減期の短い危険な放射性物質がガンガン生まれていると言う意味

原子炉の核分裂を阻止して、タンクに廃液を溜めれるだけ溜めて
のちに処理するのが一番だと思う


333:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 22:44:01.14 ID:6EagvyE00

>>328

アンタの「脳内の思い」だけじゃダメなんすよw

どんどん検討して実用化を目指す心意気が肝要w
泣き寝入りしてても汚染は広がり、廃棄物も増えるだけw


337:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 22:48:41.99 ID:cKgx1OTR0

>>328
核分裂生成物はヨウ素だけでない。

今、当たり前のよう予想される事態は悠長ではなく、汲み出し処理が間に合わず廃冷却水の水位が増え続け、最後は溢れ出す。

不完全で不安定にくすぶり続ける3つの「原子炉」の周囲に、当然のことだが近づくことすらできない「管理区域」が目下拡大することになる。


396:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:23:56.30 ID:S8GRu/rj0

>>328
>あと危険な放射性物質≒半減期短いだから 
>溜め込んでおけば危険が少なくなる 

海に流しても同じだから、流すべき


310名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 22:27:56.85 ID:wDqs6LY20

事故そのものは収束に向かいつつあって今はその処理を模索している段階だと思われる
つまり収束させるために発生した大量の放射性物質をどう処理するか
実はこれが一番の難題
使用済み核燃料ですら処理出来ずに六ヶ所村で永久保存状態なわけで
果たして今回の事故で大量に発生した放射性物質を処理する能力が現代社会にあるのかどうかかなり疑問


316:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 22:32:02.15 ID:TCsZcsVS0

>>310
つ石棺


320:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 22:33:23.88 ID:bMwPuuzk0

>>310
俺には全然収束に向かって行ってるようには見えないのだけど??


321:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 22:34:19.24 ID:0p/aTWI90

>>310
終末に向かっている


343名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 22:55:26.45 ID:WPMim4gt0

東電はまだこのガレキ寸前の発電所をレストアするつもりなのか?

グダグダしてる間に再臨界→核爆発しないか心配だ・・・

さっさっと小沢の指揮の下、米軍の火器による核清掃キボンヌ!


344:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 22:58:01.72 ID:cKgx1OTR0

>>343

残念ながら現時点ですでに再臨界している可能性が高い。


353名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:03:11.29 ID:u5DLdHy80

>>343
>再臨界→核爆発

ウランの濃度の関係で、これは無いみたいなんだな。
このことだけでも、国民に知らせればいいと思う。
相当安心するだろう。

一般の人は、最悪の事態=核爆発と思ってる。
チェルも核爆発で吹っ飛んだと思ってる。
そうじゃないことははっきり知らせるべきだと思う。


366:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:09:00.78 ID:cKgx1OTR0

>>353

水がある限りな…
ただし、減速剤の注水は危険な汚水の発生に極めて短時間に直結する。


390名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:20:30.54 ID:ZCcy+dsD0

>>353
でも再臨界になったらヤバいんじゃないの?
そこらへん良く分からないけど、その場合関東オワタになるの?


393:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:22:46.57 ID:Xsknoje+0

>>390
再臨界が起ころうが起こるまいが関東オワタは一緒だろ?
一気にくるかゆっくりくるかの違いだけで。


406:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:31:39.01 ID:S8GRu/rj0

>>390
>でも再臨界になったらヤバいんじゃないの? 

圧力かかってないから、爆発はしない

中性子は大量に出るけど

で、再臨界を何度も繰り返し、あらたな核分裂生成物が溜まってゆく


430名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:46:58.98 ID:u5DLdHy80

>>390 

ウラン濃度による違いは、ウランをカルピスとして、
例えばカルピスの原液を100cc以上1箇所に集めると核爆発するとする。

それを水で2倍に薄めると200cccになるが、原液の量自体は同じ100cc。
でも薄まると核爆発はしない、ということらしい。

しかし、水の量をうまく調整したりすると、核分裂は連続して起きるが、
爆発はしない程度で核分裂が連鎖的に続いて高熱が出続ける。
これが原子炉が運転中の臨界状態。

更にその中に制御棒という反応を抑制する棒を入れると、
臨界状態ではなくなって、核分裂が少なくなり、熱も下がる。
今回はこの状態にして、ストップさせたかった。
(制御棒自体は入った)

ただ、停止状態でも臨界状態よりは遥かに少ないが、
核分裂は起きて熱がでる。
その熱が蓄積すると高温になり、燃料棒が溶融して危険なので、
停止してても冷却し続ける必要がある。
これが冷却系統の停止でうまくいかないのが今の状態。


435名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:49:44.88 ID:cKgx1OTR0

>>430
中性子線が出ているとすればその楽観的想定は正しくない。


451:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:57:11.14 ID:u5DLdHy80

>>435

中性子線と量と速度の問題だろ。
臨界でも中性子線は出るが、濃度が低いと核爆発を引き起こす
量と速度に至らないってことだろ。

なお、>>430に補足。

核爆弾は、原液の50ccと50ccを隔壁で分けて爆弾の中に入れておき、
爆発させるときにTNT火薬などで隔壁を壊して一体にして
100cccにして核爆発を引き起こすイメージ。


451:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:57:11.14 ID:u5DLdHy80

>>430に補足。

核爆弾は、原液の50ccと50ccを隔壁で分けて爆弾の中に入れておき、
爆発させるときにTNT火薬などで隔壁を壊して一体にして
100cccにして核爆発を引き起こすイメージ。


349名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:00:50.53 ID:tXMtWtU80

フランスの専門家呼んだのは海に流すしかないと言ってほしいんだろうな
管も東電も誰も海水汚染の責任取りたくないし、その決断力も無い
それまで無駄に時間つぶすだけ


354名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:03:13.46 ID:wDqs6LY20

>>349
もし太平洋に垂れ流したら太平洋側の日本の漁業海域が水俣湾化するぞ


358:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:05:44.97 ID:u5DLdHy80

>>354
>水俣湾化するぞ

幸いなことにあの辺は「湾」じゃない。
黒潮の流れもあるので、拡散しやすい。


356名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:04:47.33 ID:WPMim4gt0

>>349
今までの「植木鉢作戦」の放水でその水が散々海へ流れてるんじゃないのか?
常識的に考えて。

そうじゃなきゃあの大量な放水は海以外のどこへ流れたんだ?

いま現場がフリーズしてるのは何か別の隠されてる理由があるはずだ!
プル検出を発表して時間を稼ぐほど重要な「何か」だ!


368:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:09:39.14 ID:u5DLdHy80

>>356

マジな話で、建屋とトレンチにたまった水が放水の結果です。
だいたい容量も合うとTVでも言ってたな。


372名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:10:59.30 ID:WPMim4gt0

東電の指揮系統は一体どうなっているのか?
ヘッド不在だったら恐ろしい・・・

行き当たりばったりで対処してるだけ?
作業的に何を目標に今動いてるんだ?

迷惑を受けてる国民にキッチリ説明する
義務が大いにあるぞ!


389:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:20:10.82 ID:jmII03TM0

>>372 一応東電本社に対策本部室みたいのがあって
そこから現地の免震重要棟の現地部隊に指令を出してるはずで

またそこに海江田と清水とかがいることになってるのだが・・・。


449:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:55:55.66 ID:JQg3QLXw0

>>372
最初は現場を知ってる連中を門前払いしてたらしいけど
「最初」とあったから今は東電本社の災害対策室に入れてるんだろ
東芝や日立の技術屋も来てるらしいし

一応ヘッドは東電の社長と会長らしいけど
社長は披露で倒れたという口実で雲隠れしてるみたいだな
もっとも経理畑の人間みたいだからいても役に立たなさそうだけど
今現実に指揮を執るべきは技術畑出身の役員だろう


397名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:24:13.93 ID:WPMim4gt0

「ウランの濃度の関係で再臨界しても核爆発しない」っていうけど
仮に複数の炉の使用済み燃料と炉心のうまい棒がトロケ合って一堂に会したら
どうなるの?

いわば合体ジャンボリーってやつw


430:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:46:58.98 ID:u5DLdHy80

>>397

ウラン濃度による違いは、ウランをカルピスとして、
例えばカルピスの原液を100cc以上1箇所に集めると核爆発するとする。

それを水で2倍に薄めると200cccになるが、原液の量自体は同じ100cc。
でも薄まると核爆発はしない、ということらしい。

しかし、水の量をうまく調整したりすると、核分裂は連続して起きるが、
爆発はしない程度で核分裂が連鎖的に続いて高熱が出続ける。
これが原子炉が運転中の臨界状態。

更にその中に制御棒という反応を抑制する棒を入れると、
臨界状態ではなくなって、核分裂が少なくなり、熱も下がる。
今回はこの状態にして、ストップさせたかった。
(制御棒自体は入った)

ただ、停止状態でも臨界状態よりは遥かに少ないが、
核分裂は起きて熱がでる。
その熱が蓄積すると高温になり、燃料棒が溶融して危険なので、
停止してても冷却し続ける必要がある。
これが冷却系統の停止でうまくいかないのが今の状態。


440名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:52:15.53 ID:chspot+O0

>>397
その程度で核爆発が起こせるなら
北朝鮮はとっくの昔に大量の核爆弾を保有出来てる


448名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:55:52.19 ID:WPMim4gt0

>>440
わかったよ!炉心が崩壊するときに圧力が急激に変移するから
それがちょうど起爆装置の役割をするんじゃないか?

いったん起爆したら引火するのは簡単だろw


455:名無しさん@十一周年:2011/03/30(水) 00:00:43.79 ID:2PZ6sHIB0

>>448
君の希望ならとっくに爆発したろ?建屋吹き飛んだじゃん。


426名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:44:37.63 ID:uKilVcVZ0

止める、冷やす、閉じ込める

冷やす 閉じ込める はできてないな。もしかして 止める も、、、


447名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:55:16.86 ID:TSv7kWuC0

>>426
止めるが出来ていないと爆発するだけ。


464名無しさん@十一周年:2011/03/30(水) 00:09:12.80 ID:AGYvrG1V0

>>447

その爆発が、「核爆発」と、「水蒸気爆発」や「水素爆発」では
威力が違いすぎるだろ。
だから区別する必要がある。これは非常に重要。

で、チェルで起きたのは水蒸気爆発(か水素爆発)と黒鉛の燃焼ぐらいで、
核爆発じゃない。

今回も起きるとしても、水蒸気爆発か水素爆発、或いは炉心内の圧力増大に
よる炉の爆発的破壊であって、核爆発じゃない。

ただ、当然放射性物質は広範囲に飛び散るが、
チェルはウクライナの首都のキエフから100キロぐらいしか離れていないらしい。
東京は第一から200キロは離れている。
どうしても嫌な人以外の大半は、充分住み続けられると思うね。


466名無しさん@十一周年:2011/03/30(水) 00:16:27.89 ID:qJwtKQIe0

>>464
チェルノブイリは隣の国まで死人が出たが?


470名無しさん@十一周年:2011/03/30(水) 00:21:06.79 ID:AGYvrG1V0

>>466

まあ嫌な人は逃げればいいよ。
それを止める必要はない。

住み慣れたところを離れて、東京周辺と比べたら明らかに不便になるような
ところで暮らすより、200キロも離れていれば「ただちに健康に影響はない」
というのは全く正しいから、住み続けるよ。
大半の人はそれを選ぶんじゃないか。


472名無しさん@十一周年:2011/03/30(水) 00:27:37.95 ID:IGQqkEq50

>>470
便利なのかな?高密度で人が住むってことは、社会インフラへの依存度が高い。
下水がなくなきゃ感染症。交通インフラがなくなりゃ物が買えない。
電気が来なきゃ暖もとれない。周辺の所得が下がれば治安が悪化。

弟が都心にマンション買ったけど、気が知れない。
俺は水は地下水、下水は浄化槽、薪ストーブ、隣まで100mの今の田舎がいい。


473名無しさん@十一周年:2011/03/30(水) 00:31:14.03 ID:eiSVxEgB0

>>472
夏の計画停電で東京からどれくらいの企業が西に移転するかによって変わるのかもね

とりあえず東京は必要以上に不安にならなくてよさそうなのね
最近原発と放射能関連で精神的に参ってたから少し気が楽になったかも


476名無しさん@十一周年:2011/03/30(水) 00:39:15.01 ID:IGQqkEq50

>>473 475
みんなが あなた達みたいに落ち着いてパニックを起さなきゃ、当面問題はないだろうね。

日本人あの戦争末期でも粛々と日常生活を送っていたから、日本ではパニックの心配はないのかもしれないね。


477:名無しさん@十一周年:2011/03/30(水) 00:48:40.97 ID:AGYvrG1V0

>>476

そうだよ。
だから、「核爆発は起きない」と言うことを何度も書いた。
これが皆に分かれば、更にパニックは起きなくなる。

ただ、小さい子どもを持つ親の放射能忌避だけは、
パニック状態になってもやむを得ないかも知れない。

最悪の事態(炉心爆発等による放射性物質の飛散)を考えて、
水や幼児用食料などの備蓄や一時避難斡旋などの対策を今から行政で
考えておく必要はあると思う。


475名無しさん@十一周年:2011/03/30(水) 00:35:14.98 ID:AGYvrG1V0

>>472

勿論人それぞれだが、個人的にはそんな刺激にないところは嫌だね。
何のために生きるのかって気がする。

都会は周りがどんどん変わって面白いよ。
自然豊かな風景も好きだけど、都会に住んでてこそ
その価値が分る方だから、ずっと住む気はない。


479:名無しさん@十一周年:2011/03/30(水) 01:11:33.75 ID:1xXDwo5UO

>>475
東京生まれの東京下町育ちだが、暮らしにくいと思うがな。
便利な面もあるが弊害もたくさんあるよ。


468:名無しさん@十一周年:2011/03/30(水) 00:17:09.66 ID:hrFXM/qb0

>>464
チェルノブイリの管理区域見てるか?
キエフが入らなかったのは風向きのおかげで、単なる偶然だぞ
そしてチェルノブイリは一発目でほとんど汚染地域が決まったからその時の風向きで決まったが
福島はだらだら出続けること確定で、風向きはその間さまざまな方向に変化する


437名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:51:05.96 ID:UlA3tF7N0

汚染水や燃料プールの水が蒸発した水蒸気ってのも放射能帯びてるの?


442名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:52:25.35 ID:qHcjyNOj0

>>437
それがいまあっちこっちに飛んで被害だしてるんだろう


480:名無しさん@十一周年:2011/03/30(水) 01:41:14.17 ID:q3mTS5Ra0

>>442
そうなのか?
原発付近はともかく、茨城だの栃木だのの周辺地域では水素爆発が起こった時に
放射線の量が跳ね上がったが、それ以降は雨が降った時上がった位で日々放射線量は減っている
原発では毎日水蒸気がモクモク上がっているのに

政府や安全院や東電の言う事は全く信用できないが
ガイガーカウンターは今や売り切れ続出で入手困難
つまりそれを買った一般の人達が日々測定している訳で
発表されている周辺地域の放射線量のデータはそんなにデタラメな数値ではないはず
って事から推察すると、使用済み燃料プールの燃料棒は確かに水で封じ込められていて
まあ底から漏れてるかも知れないが、少なくとも水蒸気は放射能を撒き散らしてはいないんじゃないの


441名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:52:18.67 ID:iZD2GC1N0

再臨界って、そんな簡単にするの?
ウランをくっつけておけば、水の中でも再臨界???


452:名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:57:50.26 ID:qHcjyNOj0

>>441
せんせん


458名無しさん@十一周年:2011/03/30(水) 00:02:27.25 ID:nBPmpLuf0

>>441
燃料と燃料の間隔がちょうどいい距離になっていて水が間と外側に十分ないと再臨界はしない。
水があってもじゃなくて水がないと無理。


461:名無しさん@十一周年:2011/03/30(水) 00:05:28.56 ID:K8tTt+kQ0

>>458の言うとおり。

一部の燃料が溶融に至っているかもしれないけど臨界に達するほどの量が
一か所に集まることはないんじゃない?(個人的な想像だけど)
中性子の減速材となる水がなければ連鎖反応は進行しない。
仮に水があって溶融した燃料で連鎖反応が起こっていたとしても継続しないだろうし、
いくらかは減速されない高速中性子として観測されるんじゃないかな?
そうするとコンクリート遮蔽がない空のほうに抜けた中性子線がスカイシャイン
として観測されるような気がするが・・
スカイシャインというのは中性子線が大気構成物質とぶつかって
地上に降り注ぐ現象です。

いま燃料溶融を引き起こしている熱はリアルタイムの核反応から
出ている熱ではなく 制御棒を突っ込むまでに進行していた反応の
余熱でしょ? とにかく水を注いで冷ますしかないよね・・・
核エネルギーってやっぱ凄いよね。


443名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:52:50.25 ID:/VZkkh4SO

神なんていない。
政府も無力。そして嘘ばかり。
信じれるのは自分だけ。
早く西日本か国外で新たに生活する事が必要。

因みに俺は会社やめて、来月都内から福岡に引っ越す。
子供に弊害があったら後悔してもしきれないからね。


456名無しさん@十一周年:2011/03/30(水) 00:01:00.59 ID:6FGF7eO30

>>443
西日本が安全という妄想を捨てた方がいい


460:名無しさん@十一周年:2011/03/30(水) 00:04:29.94 ID:f+ZkDgpz0

>>456
ナトリウムイオンや塩素イオンも濾過出来る装置だから
放射性物質も濾過出来るだろ


444名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:52:54.26 ID:YeJzOCTL0

別の板にも書いたけどアラスカで原油流出事故を起こしたクラス
のタンカーなら。いま2号機の縦坑にたまった水(6000トン)
を33回分受け入れられる。(リスク分散のためもう少し分散した
ほうがいいだろうけど。)

比重は違うが原油なら5300万ガロン収容できるそうな。
((53000000 x 3.78L)/1000)/6000 = 約 33

タンカーをお釈迦にすることになるけど海洋汚染による経済損失を
考えるとタンカー1隻お釈迦にしたほうがいいのでは?

中型のタンカー2隻を沖合に待機させて(津波を避けるために深いところで待機。)
小型のタンカー2、3隻で往復運搬させればいいんじゃないかな?

役目が終われば人口の少ない地域の湾で保管すればいいんじゃない?
放射線のほとんどはヨウ素からのベータ線(高エネルギーの電子)でしょ。
半減期8日だから半年で100万分の1程度に落ちる。
セシウム由来のものは洗浄で除去。


450名無しさん@十一周年:2011/03/29(火) 23:56:27.88 ID:KeZAE4uC0

>>444
半年後に↓の浄化システム使用して除染すれば良いかな
http://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&cd=8&ved=0CEwQFjAH&url=http%3A%2F%2Fwww.yomiuri.co.jp%2Feco%2Fsaizensen%2F20101108-OYT8T00367.htm&ei=yPCRTcvzIYWEvgOO-dnxBw&usg=AFQjCNEyjxZohZMyzsT2ay916MMCSRA1CQ


456:名無しさん@十一周年:2011/03/30(水) 00:01:00.59 ID:6FGF7eO30

>>450
放射線物質は活性炭素でないと無理では




06:38|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)ニュース速報+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

トラックバックURL

コメントする

名前: